美容師を目指す君たちへ

雑記

美容師ってカッコいいしオシャレだし


人を美しくして感謝される最高の職業だと思います。


美容師になりたいとか美容業界へ進みたいと思ってる方向けに元美容師だった私が美容業界ってこんな所でしたって話をしていこうと思います。


今は美容師になろうとすると専門学校へ進学し美容師免許取得をめざすのが一般出来だと思いますが、実際専門学校と美容室で学べる事は異なっているので


是非、参考にしてみてください。美容師になるまでの疑問や、悩み、もしくは美容師になると改めて目標を再確認していただければ幸いです。

スポンサーリンク

美容師になるには

 

美容師になる為に必要な事は国家資格である美容師免許の取得です。


国家資格をするのには厚生労働省の条件を満たした美容学校(美容師養成施設)を卒業することが必要になります。


美容学校への入学には高等学校卒業者とあるので高校を卒業し高卒であることが条件です。


条件を満たし美容学校を修了するとようやく受験資格を得ることができます。


実際には卒業見込みの段階で国家試験を受験します。


そして、国家試験を合格した者が美容師免許を取得する事ができます。

 

美容師免許取得までの流れ

1.美容師養成施設への入所

2.美容国家試験の受験

3.美容師名簿への登録

美容師免許の取得

美容師免許とは?

 

美容師の定義

美容師は「美容を業とする者」をいい、美容師法に基づき厚生労働大臣の免許を得なければならない。
 美容師の免許を持たないものは美容を業として行うことはできない。
 美容とは「パーマネントウェーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくすること」とされている。美容師がコールドパーマネントウェーブ等の行為に伴う美容行為の一環としてカッティングを行うことは美容の範囲に含まれる。
 また、女性に対するカッティングはコールドパーマネントウェーブ等の行為との関連を問わず、美容行為の範囲に含まれる。染毛も理容・美容行為に含まれる。業とは反復継続の意思をもって行うことで、有料・無料は問わない。また、美容師が美容を行う場合には器具やタオル等を清潔に保たねばならない。厚生労働省HPより引用

厚生労働省のHPではこのように表記してあります。

正直よくわかりませんね。



要するにかみ砕き簡単に説明すると

お金をもらってお客様の顔に施術をしてお金をもらう事が出来るのが美容師だと言えます。


上記引用の中に反復継続の意思をもって行う事で、有料・無料は問わない。


とありますが基本的に無料で継続している人はいないと思うので顔に施術をしてお金をもらうと言ってもいいでしょう。

美容学校とは

 

美容師における美容学校とは・・・結果から言ってしまうと、

実は美容学校はあくまで美容師免許を取るまでに必要な実技であったり学科を勉強し国家資格の合格を目指している場所です。

なので資格を取れたからと言って美容師として一人前になれるわけではないのです。

美容師として美容院などの美容所にて働くことができる免許と言っても過言ではないですね。

資格を取ってからがやっと美容師としてのスタートラインに立つようなものなのです。

 

美容学校生活

美容学校は厚生労働省の指定した実技や学科をこなす為に、ぎゅうぎゅうに詰め込まれているので一日でも学校を休んでしまうと補講をしなくてはならないのでかなり厳しいです。

しかし、私でも卒業する事は出来たのでまじめにな学校生活を送れるのであればそんなに厳しい物ではないと思います。


 

美容師になってからの話

 

美容師になってからはまずアシスタントとして美容室で働くことになります。

正直給料は安いし拘束時間はとてつもなく長いです。


私は朝7時から12時まで毎日働いていました。

9時から営業開始9時に閉店

 

そして、10時から練習が始まり早くても12時帰宅の日々でした。

正直、私は美容師になりたい意思がそこまで強くなかったので継続する為の

 

生きがいや目的を失ってしまいました。

食事はまともに取れず1ヵ月5キロ痩せました。

 

中途半端な決意で美容師を選ぶな

どの職業にでもいえる事だとは思いますが。

目的や決意が小さい人にはお勧めしない職業です。

 

美容師はとてつもなく下積みがながい職業なので

趣味の領域で美容の仕事ができる人でないと継続する事は

 

難しい職業だと思います。

実際、私の同期も1年で8割がやめていきました。

 

同じ学校を卒業した人たちも1年で半数以上に減りました。

 

このように美容師になる人間はかなり多くても実際に続けられる人間は

 

ほんの一部です。なので私は正直美容師を目指す知り合いがいたら

 

全力でおすすめしないです。

 

まとめ

美容師を目指す君たちへ・・・

美容師は人を美しくする素晴らしい職業だとやめた今でもそう思います。

 

働いている人はとても輝いて見えるし、今後も残っていく職業でしょう。

しかしながら、カッコいい裏側には見えない苦労や辛さがあります。

 

それを乗り越える事の出来た人間が美容師を続けていけるのです。

 

私は美容師をしている人をとても尊敬していますし、美容業界全体の給料や労働環境がもっと良いものになればいいと思っています。

 

知り合いにも美容師が多くいるので今後も感謝の気持ちをもって美容室へ行きたいと思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました